スポンサーサイト

  • 2009.11.08 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ヴィータ・アンリミテッド・ジャズ・オーケストラ第4回音楽祭感想

    • 2008.02.06 Wednesday
    • 02:17
    ヴィータアンリミテッドジャズオーケストラ(VUJO)団長・田中です。
    第4回音楽祭、お疲れ様でした!!

    我々VUJOも、今回で3度目の音楽祭。毎回毎回パワーアップし内容の濃いものになって来ていることをひしひしと感じます。
    これも、各バンド代表者様を始め、さまざまな面で各分野に特化したスキルを持った各バンドメンバーの努力の賜物であると思います。

    さて、肝心の我々VUJOと言いますと、音楽祭の2週間前にリードアルトが急遽音楽祭欠席との連絡が…急いでトラを探したり、他にも様々な障害が立ちはだかっておりました。ピンチ!
    しかしながら、心優しいメンバーたちに支えられ、どうにかVUJOは本番を迎えられる事が出来ました。ほんと良い仲間たちに出会えたなぁ〜と。。。

    今回の曲目は

    1: Freckle Face (by Count Basie/Sammy Nestico)
    2: Grace (by Quincy Jones/Sammy Nestico)
    3: Tiger Of San Pedro (by Bill Watrous/John La Barbera)
    4: CHEROKEE (by Ray Noble/Dave Wolpe)

    っと、少しいつものお楽しみ路線よりも大人〜な雰囲気の曲をセレクトしました。う〜ん、難しかった。
    しかしながら、ステージでの緊張感、熱気、イケイケになっちゃえ感(ダメじゃん)はもうタマりません!病み付きでございます!

    これだからもう…やめられませんよね。

    これからも、この音楽祭を盛り上げる1バンドとして『おもいっきり楽しんで上手になる!』を目標に頑張って行こうと思います。

    最後に、観に来てくださったお客様、そしてお世話になりました各バンドの皆様、有難うございました!そしてお疲れ様でした!!



    (・e・)
    ひよこまーく

    はは!ひよこまーく!…なんでひよこなんでしょかね?<SSJO鎌田さん